中学生のお弁当

中学生が学校でお弁当を食べる時間はだいたい15分くらいなんだそうです。

中1の息子も入学したての最初の頃は時間がなくて食べられなかったなんてことがよくありました。その日の午後の時間割によっても食べられる時間が変わってくるそうで、毎週○曜日はご飯少なめとか簡単に食べられるようにおにぎりにしておくなど注文もいろいろきました。

ただ、訓練というか毎日そうやって過ごしていれば時間に慣れてくるものですね。短時間に多く食べる技(?!)を身につけたみたいです。

お弁当はキューギューに詰めると型崩れしないといいますが、私の苦手分野です。今日はトマトが卵焼きのところまで転がってたとか、帰宅後はたいてい報告がきます。

どうやら仕切りに使うカップを深型のにすれば、いいみたいということを学びました。

お弁当のカップなんてどれも同じものだと思ってたのですが、大きさや深さの違いだけでなく、油を吸い込んでくれるものなど性能もメーカーによって違ってくるんです。

そして気がつきました。

お弁当のカップ代。毎日作っていると割とかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA